ダイヤモンドを基準にして婚約指輪を選ぶ!

高価なものだからこそ

一生に一度、プロポーズの時に渡すことになる婚約指輪。結婚指輪に比べてゴージャスで大きなダイヤモンドが印象的なデザインのものが大半ですよね。ダイヤモンドの品質は四つの基準から決まるのですが、ジュエリーショップのサイトなどで品質を示す表示を見ても、何のことやらさっぱりでどうやって判断したらいいかわからない、なんてことも。どうせ高い買い物をするのですから、ダイヤモンドも高品質の物がいいに決まっていますよね。

4Cのうち、唯一人間が決めるもの

ダイヤモンドの価値を決める基準を4Cと言います。評価項目のイニシャルがすべてCから始まるからこう呼ばれています。4Cの中で、ただ一つだけ人間の手によって決まるものがあります。それがカットです。ダイヤモンドをカットする技術によってその価値が大きく変わります。優れた技術でカットされているダイヤモンドは、光を多く反射するので美しく輝くことができるのです。婚約指輪ではラウンドブリリアントカットがトップクラスの人気を誇っていますね。

他の三つはどうなの?

4Cで一番よく知られているのは、カラットでしょう。ダイヤモンドの大きさと思われることも多いですが、正確には重量を示す単位なのですよ。ちなみに1カラットが0.2グラムに相当します。クラリティはダイヤモンドの純度を意味しており、ルーペで10倍に拡大して傷やインクルージョンがないかを調べます。最後にカラーはダイヤモンドの色を示します。無色透明であるほど価値が高くなり、グレードが下がるほど黄色っぽさが強まります。

婚約成立の証として男性から女性に贈られるのが婚約指輪です。丸い輪は永遠に途切れることがないという意味合いがありますので、男性は永遠に変わらない愛を込めて女性に贈ります。