親は子供がいる幸せを噛みしめられる!子供の写真こそが宝物!!

子供の写真はアルバムに

大人になってから、子どもの頃の思い出を聞いても思い出せない人もいますよね。実際に写真があれば証拠として残されているので、子供本人は覚えていなくても、見ればなんとなく雰囲気をイメージすることができます。幼少期の思い出は子供自身が記憶できる容量が少ないので、断片的にのみ覚えている思い出も存在するようです。後から、子供本人が写真から自分のイメージを膨らませて、思い出して都合のいいように記憶することもあるようです。

孫が早く見たい願望がある親

孫を抱きたい祖父母は多いです。その前に、子供が結婚しなければならないので、結婚式で必ずと言っていいほど必要な幼少期の写真。二人の軌跡として使う材料がないのは親の責任だと思います。将来の事を考えれば、子供が成長していく姿を形に残すことは必要なことだと言えます。また、育ちが写真からわかるので、親もいい写真を厳選するので選択肢が多いほうが人前に出せるスナップが見つかるとも言えます。スマホの時代だからこそきれいに残せるはずです。

現像して人にあげるのは古い

写真というと、現像に出してネガを焼き増しする時代がありましたが、現代では情報を送信すれば同じものを複数の人に送ることができます。写真として残しておきたければ現像すればいいし、ネガのように時間が経過するとセピア色になることもありません。しかし、コンパクトになっているからこそ、逆に写真は現像しておきたいものです。思わぬ落とし穴としてデータが消える危険性がありますから、最低でもバックアップはしておきましょう。

スクールフォトは、保育園や幼稚園・小学校などの学校生活・行事の写真をインターネット上で閲覧、購入ができるシステムです。