みんな個性的!3種類の結婚相談所それぞれについての理解を深めよう

データマッチングタイプの特徴を知ろう

積極的にテレビCM展開を行っている大手結婚相談所のほとんどは、データマッチングタイプに属します。加入しやすさが特徴で、全タイプのなかで最も多い会員数を誇ります。このタイプのメリットは、大手ならではの信頼感と、豊富な会員数によるマッチングの容易さ。ただし業者が提供するのはマッチングシステムのみで、お付き合いの方法などのアドバイスはしてくれないんですよ。マッチング後に結婚に至れるかどうかは本人の努力次第となります。つまり、内気な人にとっては少し敷居が高い存在かも知れませんね。料金は2年契約でおよそ30万円前後ですが、業者のなかには女性のみ無料というところもあります。

従来タイプの結婚相談所

大手が集うデータマッチングタイプとは違い、比較的小規模な会社が多いタイプの結婚相談所は従来タイプと呼ばれています。アドバイザーと呼ばれる仲人さんのようなことを行うスタッフが在籍していることが、このタイプの特徴なんですよ。結婚相手を探す段階から、お付き合いが始まったあとのことまでアドバイザーが手取り足取り指導してくれます。ただし、男性と女性双方の理想が高くなりすぎてしまうことがネックです。たとえば男性の場合、年収は500万円以上なければ相手を見つけることが困難かも知れません。入会金は比較的低水準ですが、成婚料が20万円前後と高く設定されています。

近年人気急上昇中のインターネットタイプって?

近年登場して以来、若年層を中心に支持を集めて急成長しているのがインターネットタイプです。利用方法は簡単。インターネット上のウェブに自分の情報を登録し、あとは好みの条件を検索するだけ。他の2種よりも入会金が割安で、メールでやり取りできる敷居の低さが特徴です。ただし、登録されている人たちの身元が100%安全である保証がないので、利用の際は自己防衛が求められます。たとえば初めて会うときは、人が多いファミレスにすると比較的安全と言えるでしょう。いずれにしても、ほとんどの行動を自分で考えて行わなければならないため、異性経験が乏しい人には不向きかもしれません。

結婚相談所なら東京にたくさんあります。どんな相談所があるかはインターネットを使えば簡単に探すことが出来ます。